免疫力と交感神経について

私たちの体の中には免疫というものがあります。病原菌などから身体を守り、健康を維持するための防護システムです。私たちの身のまわりには最近やウイルス、ほこりや汚染物質など身体には良くないものがあります。免疫機能は、身体を若々しくまた、健康に保ちます。

しかし、現在の人々は職場や家庭、学校などのストレスから正常に機能しなくなることがあります。免疫が正常に機能しているかどうかは、自律神経がバランスよく働いているかどうかです。自律神経には交感神経と、副交感神経があります。交感神経ら主に、日中に働いていて、副交感神経は夜間などリラックスしている時などに働いています。また、自律神経の働きは加齢とともに乱れやすくなることが分かっています。

そして自律神経を整えることは免疫力を正常に保つことにも繋がっています。免疫力をあげる方法としては、身体をよく動かす、栄養のある食事を沢山食べる、睡眠をきっちりとる、ストレスを発散するなどをしっかり行うといいです。

 

良い菌類を増殖させる為にサプリを摂取

腸内環境は、できるだけ良い状態にしてあげる必要はあります。発病率や消化吸収などに、大きく関わってくるからです。中でも大腸の状況などは、日本人にとっては大切です。日本人は、そこがガンになってしまう事もあるからです。

どうすれば環境を良くできるかと言うと、ポジティブな菌類を増殖させる事です。例えばお腹の中には、善玉菌が生息しています。その菌類の割合を、できるだけ多くする事が大切です。やはり善玉菌があまり多くないと、どうしても腹内も荒れやすくなります。

具体的なやり方としては、サプリという手段もあるのです。サプリの中には、環境を整えてくれる菌類が多く含まれています。その数は、食品よりも多いです。食品から菌類を摂取する事は可能ですが、あまり数は多くありません。食品というよりもサプリの方が、効率良く菌類を確保できる傾向があるのです。したがって腸内環境が気になる時は、乳酸サプリのランキングでサプリを摂取してみるのも一法と言えます。

 

腸内フローラを整えて体質改善をしよう!

人間の腸内には、沢山の細菌が住んでいます。細菌がひしめく腸内は顕微鏡で観察すると、まるで花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれています。腸内フローラを整えることで、体質を改善することができるとして、健康面から高い注目を集めています。

腸内に住む善玉菌が生み出す物質のひとつが、バクテロイデスと呼ばれる肥満を防ぐのに役立つ物質です。バクテロイデスの出す短脂肪酸には、筋肉に働きかけて脂肪燃焼を促したり、脂肪細胞に働きかけて脂肪を取り込むのを防いだりする働きがあり、肥満を予防し、健康的な体質へと導いてくれます。

腸内フローラを整えるには、食生活の改善が大切ですが、食に限らず、生活全般を見直すことも必要です。日々の生活のなかで受けるストレスを軽減することで、腸内フローラを改善できるのです。過度のストレスや刺激によって、精神的にダメージを受けると、胃腸の働きが弱くなり、腸内フローラのバランスも崩れやすいので、上手にストレス解消をして過ごすようにしましょう。